ユンボをレンタルする時安全に注意しないといけません

私は若い時、工務店で働いていてユンボに乗っていましたが、大概安全な場所で乗っていましたし、小さなユンボだったので、危険を感じることはなかったです。
いつもレンタルされたものに乗っておりダンプでレンタル会社まで取りに行きそこで借りて現場まで運んで乗っていました。
ところが私の行っていた工務店ではなかったのですが、別の工務店で大きなパワーショベルを使っていて穴を掘っている時のことです。
穴の中に人がいるのに気が付かずに動かして穴の中の人が亡くなると言う事故がありました。
私は大きなパワーショベルには乗ったことがないですが、大きなパワーショベルは大きな穴を開けるし、アームがでかいので穴の中が見えにくくこのタイプの事故は起こっても不思議がないわけです。
私は小さなレンタルしたユンボしか乗らなかったので、掘る穴も小さくアームが細いので視界がよく人が穴の中にいるかいないかは確認が取れる現場ばかりでした。
だから事故はなかったですが、突然、大きなパワーショベルに乗る仕事をさせられたらこのような危険は常にあると思われます。

大きなパワーショベルはすごい仕事量をこなしますから、大きな仕事をする工務店にとっては大変重宝な物ですが、その分危険が増すことになります。
したがって、大きなパワーショベルをめったに使わないところがリースして突然それを使う場合など、運転手もまた周りで作業している人間も両者が事故に注意することが大事です。
いつ事故が起こっても不思議ではないことをみんなが自覚していないと後々大変なことになるわけです。
その事故を起こした工務店はその補償問題で大変高額の補償が発生し、結局倒産しています。
どうやら保険に入っていなかったようです。
重機を扱う仕事はいつも危険があり、常に気を付けておくことが大事ですが、人間は慣れてくると注意が散漫になるのが普通なわけです。
したがってたまにレンタルすると言う所より、会社保有で毎日乗っている所の方が危険性が高いかもしれません。