一般家庭でも役立つユンボをレンタルする

ユンボは油圧ショベルの種類のひとつですが、土木現場の重機としても重要な役割をしています。
自分で基礎工事をするときに自宅にあると大変役に立ちます。
特に寒冷地では冬の地盤が凍結しない掘ることになるため人力では大変重労働です。
一般家庭でも大活躍する重機ですが、高額なため利用頻度が低い場合にはレンタルがおすすめです。
ユンボはブームとアーム、バケットの3つの部分に分かれています。
一般家庭で使う場合には小さなサイズで十分です。
操作は簡単で、レバーで前後左右を操作させていきます。
一般的に操作方法はJIS規格に基づいています。
重機メーカーによって異なりますが慣れれば簡単に操作することができます。
レンタルするときには重機リース業者にて電話で伝えると借りることができます。
家庭で使うようなミニサイズは1万円以下で借りることができますが、自分で運べない場合には運搬料も往復別途かかります。
燃料は軽油ですが自分で入れることになるため、作業前に予め購入しておくと重機到着後すぐに作業を進めることができます。

ユンボの運転は工事現場などでは車両系建設機械運転技能講習または小型車両系建設機械の運転の業務に係る特別教育の資格が必要になります。
無免許・無資格で運転している場合には、公道を走行した場合には道路交通法違反となり、工事現場で無資格状態で作業をして万が一事故が起きてしまった場合には現場の管理者が逮捕されてしまう可能性が高いです。
ミニサイズでも本来は重量3トン未満の機械を取り扱うための特別講習の受講し、終了証が必要になります。
ただし、私有地の場合には道路交通法の範囲外となるため免許がなくても運転することがでいます。
運転がはじめてというときにもリース業者に伝えると操作方法を習うことができます。
ただし、構造を把握したい場合や操作をしっかり習いたいという場合には講習は受けておくと安心です。
一般家庭で使うミニサイズの操作は小型の講習で十分です。